パデルとは ¿Que es el Padel?

パデル とはラケット競技です。ポイントの数え方はテニスと同じですが、パデルは2人対2人のダブルスのみでプレイします。コートのサイズは長方形の20×10メートルです。必要とするスペースはテニスコートの約半分です。周囲は強化ガラスと金網により仕切られ、プレイ中はそれらを活用します。パデルラケットはテニスラケットと比べ、サイズが小さくまた素材も違います。テニスボールと比べ、色や形は似てますが、パデルボールの方が空気圧が低く反発力が小さくなります。

普及

スペイン人のAlfonso de Hohenloheは、メキシコに住む友人のEnrique Corcueraを訪ねた際、彼の家で見た「壁で仕切られたミニテニスコート」をモデルにパデルコートのアイデアを思いつきました。その後、1974年にスペインのマルベージャクラブに世界初となる公式のパデルコート2面を建設しました。.

普及-パデル

パデル-テニス
メディアスポーツマーケティング社によるデータ スペイン首相省による社会生活基本調査データ

急速な普及

パデルはスペインをはじめアルゼンチンでも、スポーツ史上もっとも急激に競技者人口とコート数を増やしたスポーツです。

スペイン国内のパデル人口は、2004年の76万人から2010年までに199万人を記録し、2013年には300万人を超すと予測されています。この間、それまで長くメジャースポーツとして支持され続けたスペインのテニス人口は、2000年から2010年にかけ半分へと減少しました。(スペインの人口は約4600万人)

現在、ヨーロッパやアメリカなどの各国でも同様にパデルブームが起きようとしています。

世界の普及状況

現在、3大陸23ヶ国にパデル連盟が存在します:ヨーロッパ(スペイン、フランス、イタリア、ポルトガル、イギリス、ドイツなど…)、アメリカ(アルゼンチン、ブラジル、メキシコ、アメリカ、カナダなど…)オセアニア(オーストラリアなど…)また1991年からパデル国際連盟も設立されました。(FIP – www.padelfip.com).

世界の普及状況-パデル

大会

現在のプロパデルツアーの正式名称「World Padel Tour (WPT) ワールドパデルツアー」は男子プロパデル協会により大会が運営されています。過去に「Padel Pro Tour」により初のプロツアーが2005年に開催されましたが、その後名称は2013年に「World Padel Tour (WPT) 」に変更されました。2014年は15大会が4ヵ国で開催され、年間最終戦を飾る「El Master Finals マスターファイナル」がマドリットで行われました。

「El Campeonato del Mundo de Pádel(パデル・ワールドカップ)」は2年ごとに開催されており、「Federación Internacional de Pádel (FIP) 国際パデル連盟」により大会が運営されている。初のパデル・ワールドカップは1992年にスペインで行われました。

国内の大会は各国の協会または連盟が主催してます。例えば、1992年初の「Campeonato de España(例えるならスペイン版の全日本選手権)」がスペインパデル連盟主催のもと開催されました。

                      Padel Pro Tour

                        World Padel Tour

                      パデル・ワールドカップ

¿なぜ成功したのか? ¿Porque tiene exito?

世界で成功している3つの理由:

1. – 初心者から上級者まで楽しめる

初心者でも上達スピードが速く、簡単にプレイすることができます。また上達すれば周囲の壁を使うことで新しい技に挑戦したり、「簡単だけど難しい奥深いスポーツ」だから上級者でも飽きずに楽しめます。

2. – 対象となる顧客層の幅が広い

パデルはコートが小さくまたダブルスのみで行うため、体力的に負担があまりかかりません。男女問わず、子供から年配の方まで幅広い層に無理なく楽しんでプレイしていただけます。

3. – 既存施設からの転化が容易

パデルコートのサイズはテニスコートの約半分です。従来のテニスコート、フットサルコート、その他施設からの転化が容易です。新設もご検討下さい。上記のことから、日本でフットサル施設が急激に普及した理由と類似しています。

パデルビジネスの可能性

1. – 他の国で成功した背景には、パデル独特の特長・特色があり、日本でも同じように成功する可能性が大いにあると考えられます。

historia-del-padel4

WilsonHeadBabolatPrinceDunlop

2. – 日本でも有名な国際的テニスラケットメーカーもパデルラケットを製造しています。(ダンロップ、ヘッド、ウイルソン、バボラ、プリンスなど)このことからもパデルというスポーツの成功が国際的にも認められているということが分かります。

3.-スペインと同様に、日本でもテニスは愛好者の多い人気スポーツでしたが、ここ十年テニス人口の減少傾向がありました。その原因はやはりテニスを楽しむには高度な技術の習得が必要だったり、一定の体力を要求するところにありました。

下記は日本テニス協会の「テニス人口等環境実態調査」から摘出した情報です。

historia-del-padel4

  • 10年前の423万人に対し、現在のテニス人口は373万人に減少
  • テニス人口の高齢化傾向
  • テニスコートの減少
  • テニスを続けたい愛好家は実際のテニス人口の2倍

Latest post

  • 『スペインからやってきた新スポーツ・パデルってなに?』
    『スペインからやってきた新スポーツ・パデルってなに?』
    皆様こんにちは、福井謙二グッモニです。 ゴールデンウィークは何をしよう?という方のために、スペイン発・所沢経由で日本に広まりつつあるパデルというスポーツをご紹介!...
  • ジャニーズメンバーがパデル初挑戦!
    ジャニーズメンバーがパデル初挑戦!
    シューイチ(毎週日曜の朝放送)「中丸雄一のまじっすか!?」にパデルが紹介されました。KAT-TUNの中丸くんがパデル初挑戦です! 基本練習からパデル独特の動きなどを練習し、試合に挑戦。相手が打ったスマッシュを当たらないように避けて、ガラスに跳ね返ったボールを打ち返したり、試合中にエアー・ケイ(錦織圭選手の得意技)を連発するなど、パデルの魅力をたっぷり伝えて頂きました!...